禁欲ランダム・ウォーカー

遠回りは最大の近道

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

脳を休める

 最近は脳を常にフル回転で突っ走っていたせいか心身に不調を催すことが多かったように感じる。タイムスケジュールに追われ、日々酷使していった結果体にガタが来たのが先月10月。このことから、少しばかり休息の時間を取り入れていく必要が出てきたように思う。自身がよく行く按摩師、老齢であり若くして盲目になってこの道既に50数年の人曰く、今の現代社会は忙しすぎて脳の酷使から体に不調をきたし、その結果精神的な病に蝕まれることになるとのこと。また、仕事が昔に比べ変遷し、PC等の電子操作中心になったことから、脳の使い方が変わり首や肩までも無駄に筋肉を使用する事になってしまい、生命の潤滑油である血行を悪化させ結果肉体疲労につながっていると。
 この最悪のループを止めるには脱力がキーワードになってくる。脳も肉体も何も使わない状態、つまり完全なる休息を行い、体をリラックスさせること。
目を閉じ、何も考えずに、力を抜く。
ただこれだけで若干回復するらしい。これは座禅の方法と同じ、いっさいの情報を遮断し無我に入るという昔からの休息方法なのだろう。今日から意識して行いたい.

スポンサーサイト

 

ストック and フロー

メモ程度に。

大まかにいって、世の中はストックとフローに分かれる。
ストックは言わずもがな、禁欲等の自己改善。
フローはストックの結果現れる具象・変化。

フローを好転させるには、己のストックを蓄積するしかない。
ストックを高めるには目標を持って常に向上心をもって課題に取り組み
己自身を高みに持ってイカザルを得ない。
フローよりもストック重視のスタイル確立を目指す事が今の課題のように感じる。
フローが変化せず諦めかけても、積み重ねたストック自体は無駄にならない。
いずれ役に立つ日が来よう。

かっこよく言ってもまだまだ未熟なんですけどね。






 

ネガ好転

ネガティブ思考を排除の仕方。
メモ程度に。

ネガティブ思考は人との交わりにおいて発生するのが大半だと思う。
ネガ発生要因も色々あるが結局は二つに分類されるとおもう。
地位や権力、立場といった差異から発生する他社比較、無い物ねだり
といった自己本位からのネガ発生
相手側からのマイナスダメージによる他社介入からのネガ発生
究極な事を言えば、対人関係からネガ思考は発生する。
その中で自己本位か他社介入かにカテゴライズされることとなる。
両方ともメンタルに及ぼす影響は計り知れない。
場合によっては、長期に渡って不調に陥る可能性も出てくる。
メンタルの低下は懈怠感に苛まれ肉体にもダメージを及ぼす事にもなるため
早めの対処が必要となってくる。
自身ネガ思考については致し方ないと思う。
なぜなら、人間なんて不安定な生き物であり、不完全なのだから。
ネガ思考は誰にでも起きる。
不満・怒りと行った感情は誰にでも起きる。
だからこそ、如何にしてその時間を短くしていくことかが大事。


今のところ、有効な対象方法は3個。
①運動する→怒りの矛先が運動に向かうため、個人的には1番有効
      肉体の強化はメンタルの強化
②寝る→人間の三打欲求のうち、一番簡単に心身を安定させる方法
③好きな事をやる→ただ、事柄遂行中においてもフラッシュバックする恐れあり

ワタシは①と②を進めておく。
個人的に受けたダメージを修復するのは①と②が多いため。
ネガ好転は運動が最も有効。
脳内のテストステロンが運動によって活発化されるため、精神向上を図れるためである。
ネガ思考には運動で対処。エロに逃げるなよ(笑)

夜は短し走れよ禁欲者たち

 

oyakumemaisinsyugisyaへ

御役目邁進主義のスタンスの人がいれば。
御役目邁進主義と言えど、どう日々を進めていけば
よいかが分からない人もいるであろうからお薦めの本を。
この本は主に文系の方に使用可能だと思う。

プロフェッショナルサラリーマン">プロフェッショナルサラリーマン

この本を推薦しておきます。確実に上へのステップの仕方が書かれているので。

仕事=つくって、回して、稼ぐという投資サイクルの手順を
踏む事により大なり小なり会社は成り立っている。
このサイクル上において何を成すべきかを詳細に書かれている。
自分がどう考え動いて、如何にして会社に貢献していくべきか、
初期の段階ではイマイチ具体的な手法掴めない事が多い。
その中で、この本は循環内での対処法を9章に渡って記している。
特に自分が気に入ったのは、仕事は後工程まできっちりやり、
相手へ万全な状態で渡す
ということ。
上司は仕事の仕入れ先と割り切る考え方は自分の中では衝撃だった。
これからはこの二つは取り入れるつもりである。
言わば御役目バイブルとも言える良書だと思う。
ただ、かなり手法がキツい(犠牲が多い)ため、反スタンスの禁欲者は読む必要はなし。
失うものがない御役目推進者には有効かと。
一度暇があればどうぞ。

※追記
といっても御役目邁進主義のスタンスを取っている訳ではないので
自身は使えるものだけ抜粋している体制を取ってます。

 

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
20代。禁欲による変化の掃き溜め所。

斜空

Author:斜空

検索フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。